なみへいブログ

日々、こだわり商品の様々な情報をお届け!

あっという間にからだが芯から温まる【ほっこり茶】

皆様こんにちは😊

 

だんだん秋の訪れを感じる気候になってきましたね🍁

 

今日は、これからの寒い時期にピッタリの「ほっこり茶」をご紹介したいと思います。

 

冷え性の方は、芯から温まる感じを実感していただけると思います🍀

 

 

作っているのはこちら↓


f:id:namiheichan:20191004150846j:image

73年前から會津御種人蔘を生産・加工・販売し、地元のお客様に愛されている薬草の専門店です。


f:id:namiheichan:20191004150726j:image

漢方の考え方を基本に合計8種類の薬草を配合しています。

ハトムギ

美容効果、シミ対策、むくみ解消、滋養強壮

【 クマヤナギ 】

健胃、整腸効果

【 ショウガ 】

血行促進効果、抗炎症作用、殺菌作用

オタネニンジン

抗ストレス作用、疲労回復、滋養強壮

【 メグスリノキ 】

肝機能の改善、内蔵粘膜強化、脳の活性化

【 アカジソ 】

抗酸化作用、抗菌作用

 

伝統的な日本の薬草を、どんな方でも「おいしい!」と言っていただける味と香りを実現したいと、何度も試作と試飲をくりかえし、開発した商品です。

 

清水薬草店では、江戸時代から続く生産を守り、皆様の健康に役立つ會津御種人蔘を生産・加工・販売しています。

會津御種人蔘は収穫できるまでに6年という歳月が必要です。9月末から10月に収穫され、加工所に集められます。

加工所では人蔘を1本1本、熟練の職人が丁寧に選別し、部位ごとに分けて加工しています。

 


f:id:namiheichan:20191004154052j:image

農園で栽培中の會津御種人蔘


f:id:namiheichan:20191004154059j:image

収穫されたばかりの會津御種人蔘


f:id:namiheichan:20191004154106j:image
部位ごとに加工された會津御種人蔘


f:id:namiheichan:20191004154451j:image

會津御種人蔘の加工風景

 

會津人蔘について

會津人蔘はウコギ科多年草で原産地は中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域といわれ、中国東北部やロシア沿海州にかけて自生する植物です。

薬用または食料として用いられ、朝鮮人蔘や高麗人蔘、薬用人蔘と呼ばれていますが、日本名はオタネニンジンと言い、福島県会津地方では會津人蔘。長野県では信州人蔘。島根県では雲州人蔘と 呼ばれています。

みなさんが知っている野菜のニンジン(キャロット)はセリ科で全く別の種類です。

 

會津人蔘の歴史

日本名の「オタネニンジン」の名前の由来ですが、徳川幕府から人蔘の「種」を分け与えられたので「御」を付けて「オタネニンジン(御種人参)」という名前になりました。

会津では300年の歴史があり江戸時代に始まります。会津藩の財政を支える高価な商品作物として奨励され戦後もピーク時で約360戸の農家が栽培し、主に香港へ輸出されました。しかし、円高の波の中、韓国、中国産に 押されて価格が低迷していきます。平成に入ってから栽培をやめる農家が相次ぎ、2012年には「會津人蔘農協」が解散してしまいます。

 

近年の會津人蔘

前述で述べたように会津地方では昔から人蔘栽培が盛んでしたが、価格の下落や後継者不足などの問題で、生産農家の方が数えるほどとなってしまいました。
しかし300年の歴史ある会津の伝統ある野菜を絶やしてはならぬという思いから、会津地方だけでの栽培ではなく、福島県の他の地域や県外でも栽培をする仲間を増やし會津人蔘を守っています。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

漢方と聞くと、からだには良いけれど苦かったり、美味しくないイメージを持ちがちですが、さすが老舗薬草店が試行錯誤して作っただけあってとっても美味しいんです🎵

 

ティーバッグタイプなので簡単です!

 

今年の夏は、冷やして飲んでいましたが🥤

冷たくしても薬草パワーで体の芯は温まり、とても重宝しました。

 

冬は暖かい状態がおすすめです。相乗効果で

飲んでるそばからからだがポカポカしてきます♨️

 

食事にも合います🍚🥢

 

ぜひ一度お試しください🍀

f:id:namiheichan:20191004162603j:image

ほっこり茶

 

 

 

朝夕はめっきり涼しくなりました。
皆様お風邪などをひかれませんようどうぞお健やかにお過ごしくださいませ m(_ _)m

 

 

*** 『選りすぐり館』若女将   なみへい ***

 

Webショップ『選りすぐり館』

http://erisugurikan.co.jp